top of page

-幻の高級スパイス-
​ティムットペッパーについて
(Timut Pepper, Timur Pepper, Nepal Pepper)
プロに選ばれ国内ティムットペッパー売り上げNo.1 

P1000936.png

ヤポネサウンド合同会社は日本で初めて

​家庭用にティムットペッパーを発売した会社です

【ティムットペッパーとは】

ティムットペッパーという香辛料をご存知でしょうか?

​海外のレストランやパティスリー、ショコラティエでは大変人気のある食材ですが、日本ではスパイス専門店にも置いていない正に"幻の香辛料"です。

ペッパーという名ですが香りはとてもフルーティーでグレープフルーツやパッションフルーツなどの柑橘系に例えられることが多いです。そのフルーティーな香りが爽やかさや深みを演出し、山椒に似ているけれどもどこかおだやかな痺れも演出するとてもユニークなスパイスなのです。

パスタ、ピザ、スイーツ、カクテル、カレー、パン、和食etc...

ほとんどすべての食材に新しい可能性をもたらしてくれます。

・山椒との違い…柑橘系の香りが強く、痺れが穏やかです。

​・マーガオ(馬告)との違い…マーガオよりも香りが華やかで雑味や苦味が少ないです。

ティムットペッパーとは
ティムットペッパーが輸入されるまで
grandmother-g606a40e7e_1920.jpg

数々の苦難を乗り越えて…

高品質なティムットが輸入されるまでのストーリー

きっかけ

ネパールの友人から初めてティムットペッパーを食べさせてもらった時に、そのあまりの美味しさに感動をしたのが始まりでした。

その後日本でティムットペッパーを探してみましたが…

「え…こんなに高いの…?」というくらいあまりにも高価なものか

「これ買って大丈夫かな…」と思うくらい安いけれど品質の不確かなもの

このどちらしかありませんでした。

すぐに友人にそのティムットペッパーの輸入元に連絡してもらい商談をはじめました。

待ち受けていた困難

ティムットペッパーを扱うにあたり

・先方が日本との取引をしたことがなくノウハウがわからない

・手摘みでオーガニックの品質にこだわっているためコストがとても高い

・日本で知名度がなく取引先を探すのが困難

数々の問題がありました。

特に「輸入品=安い」というイメージが強い日本では考えられないくらいのコストがかかっていますが「国産以上の品質を生活に寄り添う価格で」を信条に掲げるヤポネサウンド合同会社は考えられる限りの努力をし

 

・皆さんがすぐに使えるようにティムットペッパーをミルに入れて商品化

・可能な限り価格を抑える

という目標を実現しました。

困難を乗り越え有名レストランなどで高い評価を獲得

初めての家庭用ティムットペッパーは

・手摘み
・オーガニック品質

・生活に寄り添う価格
 

であることによってECサイトで話題を集め

地道な営業活動により飲食業界にも知られるようになった結果、

・北海道の西山製麵
・原宿のSincere BLUE

​・田園調布のCacao Zoku

・銀座の割烹はせ川

・奥田政行シェフのアルケッチャーノ

etc...​

など数々の企業、レストラン、パティスリーなどで愛用いただけております。

パウダータイプなどバリエーションも増え、これからも皆様の生活に寄り添うスパイスとしてのティムットペッパーの普及に尽力いたしますのでよろしくお願いいたします。

ティムットペッパー調理例